地方自治新時代と埼玉県政 - 埼玉自治体問題研究所

地方自治新時代と埼玉県政 埼玉自治体問題研究所

Add: raruwi71 - Date: 2020-12-05 22:08:36 - Views: 891 - Clicks: 81

年1月31日、元WHO西太平洋地域事務局長の尾身茂氏は会見で「したたかなウイルス。症状が現れず、静かに感染させる可能性がある」と、ウイルスの危険性・不気味さをこう評した。 しかし、今後の推移は注意深く見守るとしても極度に恐れる必要はない。危機管理視点でリスク評価のひとつは感染者数に対しての死亡率、つまり致死率である。 ・1918年 スペイン風邪・・・・・・・・・・2% ・1957年 香港風邪・・・・・・・・・・・・・0. 7万人 地方圏 7. 1948年、国会は旧優生保護法を全会一致で成立させた。人権保障を定めた、新憲法が施行された直後であった。 人口増加による食糧難による人口減少政策によって、「民族の逆淘汰が生ずる」などの「公益」を理由に、障害者などの生殖の権利が侵害された。残念ながら国民のなかでも一定時期まで、是認されてきていた。 1996年、優生保護法の差別性が問題となり、法改正がなされたが、すでに述べたとおり、過去の被害者への補償がまったく俎上に載らなかった。 では、いま、何が変わってきたのか。原告ら被害者は、少なくとも優生手術を廃止した1996年以降、除斥期間(被害の時点から20年を経過した時点で請求ができなくなる制度)を問わない国家賠償法の特別法を作ってこなかった立法不作為が違法であるとし、国の責任を明らかにしようとしている。被害者が声を上げ、メディアがその問題性を大きく継続的に報道を続けている。佐藤さん、飯塚さんの 事件が継続している仙台地裁の中島基至裁判長は、「本件において、旧優生保護法に係る規定の憲法適合性に関する判断は、国家賠償法にいう違法性の判断に先行するところ、本件における憲法問題の重要性、社会的影響等を踏まえると. 埼玉自治体問題研究所は埼玉で唯一のそのような「場」です。 「愛と思いやり」にあふれた地域をともにつくるために、わたしたちの研究所活動に是非ご参加くださるよう お願いいたします。 埼玉自治体問題研究所 理事長 平 野 方 紹 (立教大学教授). 終戦直後の国内は経済の荒廃と中国などからの引き揚げに伴う人口過剰に直面し、人口政策として堕胎罪の例外としての人工妊娠中絶を認めるとともに、それでは人口の質が低下する逆淘汰が起こるとして、任意ではなく強制力のある強制手術を認める旧優生保護法制定につながる。 1948年、現憲法下で、「先天性の遺傳病者の出生を抑制することが國民の急速なる増加を防ぐ上からも、亦民族の逆淘汰を防止する点からいっても、極めて必要である」(同年6月19日第2回通常国会参議院厚生委員会会議録第13号)との理由により制定された法律である。 同法第1条は、「この法律は、優生上の見地から不良なる子孫の出生を防止するとともに、母性の生命健康を保護することを目的とする」と規定し、優生上の見地による人口政策を目的の一つとして明確に掲げていた。 同法には、具体的な手術として不妊手術(生殖腺を除去することなしに生殖を不能にする手術)および人工妊娠中絶に関する規定があり、その双方について、それぞれ不良な子孫の出生防止を目的とする規定と母体保護を目的とする規定が定められていた。. 日本の人口が減ると、全国の地方自治体の維持が難しくなるとの長期推計が相次いでいる。元総務相で東大の増田寛也客員教授らは8日、年に. 地方自治体・民間事業者・個人等の自立につ ながる 将来性 地方が自主的かつ主体的に、夢を持って前 向きに取り組むことを支援 地域性 各地域は地方版総合戦略を策定、国は利用 者の側から人的側面を含めた支援を実施 直接性.

5万人 関西圏 0. 優生手術の問題についてはドイツ、スウェーデンなどすでに国が謝罪をし、補償を行っていることとは対照的に、日本においては、なんら救済への動きも行なってこなかった。国際的にも大きな批判が高まり、1998年以降数度にわたる国連人権規約委員会からの勧告、年国連女性差別撤廃委員会からの勧告がなされている。 飯塚さん、佐藤さんの義理のお姉さんおよび謝罪を求める会などが厚労省に国からの謝罪と補償を求めるも、それを一切拒否するのが厚労省の一貫した態度であった。 そこで、最後の手段として、年1月30日、全国で初めて佐藤さんが仙台地裁に国家賠償の訴訟を提起し、同年5月17日、飯塚さん、札幌の小島さん(仮名)および東京の北さん(仮名)が2次提訴した。同年9月28日の第4次提訴まで全国の原告は13人、うち手術原告は10人、その配偶者3人が家族形成権を侵害されたとして提訴している。なお、飯塚さんについては、第1次提訴後、宮城県知事が記者会見で、宮城県が認める基準としての4要件(当事宮城県に在住、関連記録がある、手術痕があることおよび証言が一貫していて信用できる)に合致するとして手術を受けたこ. その第1が自治体の横並び意識です。 全国の都道府県、市区町村が急激に進む人口減少と高齢化の中、地方創生総合戦略策定しています。それぞれの地域をどうやって発展させていくか、各自治体が知恵を絞っているわけですが、盛り込まれた内容はIターンの受け入れ、特産品のブランド化、訪日外国人観光客の受け入れなどどこかで聞いたことがあるものばかり。 ところどころにうまいキャッチフレーズが入っていても、目新しい中身は見当たりません。 総務省のホームページに掲載されたふるさと納税の返礼品も同じです。 どの自治体の返礼品もお得感のある特産品がずらりと並びます。肉や水産物など目玉となる返礼品は違っても、特産品で釣り、寄付金を集めようとする発想は共通しています。 横並び意識が個性発揮の邪魔をしていることは間違いないでしょう。 移住者の受け入れで先進地とされる島根県海士町、昭和30年代の商店街を再現して観光地となった大分県豊後高田市は、地域の歴史や自然、風土を地元の人たちが最大限に生かして地方創生策練り上げました。地道な努力を忘れ、どこかの成功例と似た施策を打ち出したところで、成功につながるはずもないのです。 施設建設から商品開発までありとあらゆる計画をコンサルタント会社に外注する自治体の姿勢も、この傾向を助長しています。オリジナリティに欠けたパクリの地方創生策が通用しないことを肝に銘じなければならないでしょう。.

一般的にはこの1979年の統一地方選をもって、革新自治体の時代は終わったとされている 。 この頃から社会党は衰退が激しくなり、1980年、社公連合政権構想を締結、共産党との断絶が決定的となる。. . 月刊 ガバナンス 年3月号 特集:被災自治体職員の使命──東日本大震災から7年のご注文は法令出版社(株)ぎょうせいの通販サイトから。.

連載講座 自治体防災新時代 東日本大震災を経験して 第5回 応急対策の充実中村八郎 ******************* 香川自治研「月報」の記事 「地方を守る会」が総会―全国研情報から 全国の地域研究所の活動―埼玉研~にいがた研. 5% ・年 SARS・・・・・・・・・・・・・・・・10% ・年 新型インフルエンザ・・・・0. 宮城県在住の飯塚さん(仮名)は、1946(昭和21)年、宮城県内の漁村で7人兄弟の長女として生まれる。父は病弱、母は行商など貧しい家庭であったようである。宮城県では1950年代から60年代、「愛の10万人県民運動」が繰り広げられ知的障害者の施設を造るための募金運動が行われていた。その設立趣意書には入所者へ優生手術を積極的に行うことも明記されていた。飯塚さんは民生委員により福祉事務所へ通告され、知能テストを受けさせられ、1960年4月、開所したばかりの小松島学園に入所させられる。中学3年で卒業後、知的障害者を預かり更生指導をする職親に預けられる。1963(昭和38)年1月から2月、16歳のときに知的障害を理由に何の理由も説明されないまま不妊手術を受けさせられた。手術当日も職親から「いくよ」と告げられ、仙台市内の優生手術専門の診療所につれていかれた。当日は父親も病院にはいたという。その時点で保護者としての同意書を取られたようである。 手術の内容を聞いたのも、手術から半年後、両親の会話を盗み聞きし、初めて子どもが産めない体になったとことを知り大きなショックを受ける。 それゆえ、数度の結. 住民投票の結果 11月1日、大阪市(275万人)で「大阪市を廃止し4つの特別区を設置する」、いわゆる「大阪都構想」に関する住民投票が行われ、反対票が賛成票を約1万7000票上回り、否決された。この住民投票は200万人以上の大都市で特別区を設置する場合に求められる「大都市地域特別区設置. 『地方自治新時代と埼玉県政』 / 定方弘光 / p94~95 (0048.

年11月号; 特集:地方再生と第2期地方創生総合戦略―維持可能な自治体を考える; この時代の分岐点に当たり、本特集は、上意下達の「地方創生」を住民と地域の視点から点検・総括し、全国各地の「地域づくり」そしてオーストリアの山岳農村再生の教訓からも学び、維持可能な自治体を展望. 避難命令の同義語となる「避難指示(緊急)」や警戒レベル4の 「全員避難」という用語の裏には、その対象者は危険区域に住む人であり、安全が確保出来た住民は「在宅避難」をしてくださいというメッセージが含まれているが、住民に周知されていない。 (株)ぎょうせいから出版した拙著『スマート防災-災害から命を守る準備と行動』(年3月)にも書いたが、元来すべての住民を受け入れられる避難所やスペースなどどこの自治体にもない。避難者が多数になればなるほど避難所の環境は劣悪になり、避難生活中に亡くなる災害関連死を増加させる。避難所で寝るより電気、ガス、水道、通信が途絶していても、自宅の方が絶対よく眠れる。年の熊本地震で避難した60代男性の日記には「地獄のような環境だった」と書かれ、汚く臭いトイレが2時間待ち、毛布一枚では痛くて寒くて眠れなかったと書いていた。そして4日目にその男性は高熱を発し緊急入院することになる。 高齢化が進んで、遠くの避難所まで自力避難することさえ難しい人も多い。だからこそ避難しないでもいいようにすることも大切である。今までは「逃げる防災」が主流であったが、これからは「安全な家に住む(する)防災」にシフトすべきである。そして、防災備蓄条例をつくり、各家庭で7日分の備蓄と「在宅避難」の推進が求められている。在宅避難が結果として避難所の感染症対策にもなるのである。. 主著 『企業都市と住民生活』(みなと印書、1978年)、『地域構造の変化と住民自治』(みなと印書、1979年)、『地域認識と地域調査』(埼玉コミュニケーションセンター、1987年)、『くらしと清掃』(監修・著、汐文社、1982年)、『現場からごみを. 施策・計画(県政情報) 長野県総合5か年計画~しあわせ信州創造プラン~ 「しあわせ信州創造プラン2. 6万人 (出典)総務省「住民基本台帳人口移動. すでに述べたとおり、旧優生保護法が成立してから70年、母体保護法に改正されてからでも22年、長い時間の経過によって、貴重な書類が破棄されている。公文書管理のあり方も再検討されなければならない。 本人特定がなされた人への補償制度の通知は不可欠であり、それ以上に、被害者の障害の状況などに即した支援のあり方が検討されなければならない。被害者のプライバシー侵害を理由に通知をしないことが検討されているが、それでは被害者への国の謝罪は届かず、被害者に向き合わないことになるだけでなく、多くの被害者の被害回復もはかれない。 記録のない人についても、どう広報するのか、それ以上に各障害者団体とも協議を行い、適切な情報提供のあり方を定めていく必要がある。 そのなかで、自治体職員の役割も重要になってこよう。日本全体で、被害を隠してきたことを反省しながら、優生思想を克服し、多くの被害者の救済をはかっていかなければならない。. See full list on say-kurabe. 埼玉県立がんセンター職員の新型コロナウイルス感染について 12月17日18時15分 がんセンター; 新型コロナウイルスに関連した患者等の発生について(県内10839例目~10863例目、10924例目~11024例目 県発表7336例目~7461例目) 12月17日18時15分 感染症対策課.

地方自治新時代と埼玉県政 : ふたたび「憲法をくらしに生かす」ために. 自治体研究社. 新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之 Gove Tech~デジタル時代の自治体イノベーション/後藤 浩 自殺対策最前線「生きる支援」を、地域から/清水康之 市民の常識VS役所のジョウシキ/今井 照. jp2) 二宮厚美の世紀末解体新書(5)職人経済と町づくりの媒介環 / 二宮厚美 / p80~81 (0041. 第2の問題点は過去の事例から学んでいないことです。といっても政府やコンサルタント会社が宣伝している各地の成功例を学べといっているのではありません。 学ぶべきなのは失敗例なのです。 青森県青森市は中心部に都市機能を集約するコンパクトシティ構想を掲げ、JR青森駅前に年、商業施設や公共施設が入った再開発ビルを開業しました。 一時はコンパクトシティの先進地として注目を浴びましたが、客足が伸びずに年、事実上の債権放棄に陥っています。 中心市街地の再開発を望むなら、こうした失敗例を徹底的に研究しなければ、同じ過ちを犯すでしょう。失敗例を精査し、その原因を自分たちの計画に当てはめて考えれば、問題点が目に見えてくるはずです。 地方創生はどこかが成功すれば、別のどこかが影響を受けて廃れていく椅子取りゲームのようなものです。勝者はほんのひと握りしかいません。「予測が外れた」「状況が変わった」などと後で言い訳せずに済むよう失敗例から徹底的に学ぶ必要があるのです。.

自治体問題研究所/(株)自治体研究社 〒東京都新宿区矢来町123 矢来ビル4階 電話:/ FAX:/. 4% ・年 新型コロナウイルス・・・・・2% 医療施設が不足していた湖北省の感染者数は数十倍の可能性が指摘されている、その場合はさらに致死率は下がることになる。とはいっても、ハイリスク群患者など罹患すると重篤に陥る可能性のある感染弱者は、季節性インフルエンザと同様に油断せず厳重警戒を怠ってはならない。それ以外は咳エチケットを遵守しつつ通常の社会生活を続けるべきである。ハイリスクウイルスに変異するなどの変化がない限り、企業も報道や風評被害に流されることなく、イベント中止や出張自粛など過剰対応は禁物。でなければ結果として「リスクあおり」の加害者になってしまうし、さらなる景況悪化を引き起こし自社への影響も免れない。海外からの旅行者が減った今、のんびり国内旅行するチャンスなのかもしれない。. 優生上の理由による不妊手術・人工妊娠中絶(優生手術)は、大別すると、本人の同意(ならびに配偶者があるときはその同意)を得て行うもの(同法第3条)と、本人の同意を要せず、精神病など一定の要件がある場合に都道府県優生保護審査会による審査を経て行うもの(同法第4条、第12条)がある。第4条は、「遺伝性精神病」、「遺伝性精神薄弱」、「顕著な遺伝性身体疾患」などに罹っていることを要件とし、第12条は、非遺伝性の「精神病又は精神薄弱」に罹っていることおよび保護者の同意を要件として、都道府県優生保護審査会に優生手術を行うことの適否に関する審査を申請することができると定め、同審査会で優生手術が適当と認められた場合に手術が実施される。第4条、第12条に基づく優生手術が一般に強制不妊手術とされるが、ハンセン病患者に見るように同意があっても、同意が施設への入所要件とされているなど、真に同意があったとは考えられず、第3条による同意による不妊手術も含め本稿では強制不妊手術という。 また、優生上の理由による人工妊娠中絶とは、本人、配偶者または近親者が「(遺伝性)精神病」、「(遺伝性)精神薄弱」、「遺伝性身体. 地方自治体のなかには、データセンターを誘致するために助成金を拠出しているところが少なからずある(表2)。年秋に埼玉県にあった自社のデータセンターを福井県に移したアクサ損害保険の橋本桐江テクニカルサポート本部isセキュリティ部部長は、「福井県に移設した大きな理由の一. 年9月6日付、厚生労働者の「旧優生保護法関係資料の保管状況調査の結果」によると、約2万5000件の手術件数について、手術の実施について個人が特定してあるのは、3033件であった。その余の約2万人の記録はない。被害者の救済をはかる上では極めて由々しき事態である。 都道府県においても、個人が特定できる件数の最大は宮城県900件、北海道821件、埼玉県330件、千葉県318件、他方、本人特定資料がまったくないというのは31県に及んでいる。今後、補償の制度ができても、手術した都道府県によって、まったく救済のレベルが異なることが懸念される。. たとえば、同意によらない不妊手術件数は、合計1万6518件である。 そのなかで、手術件数が500件を超えるのが北海道2593件、宮城県1406件、岡山県845件、大分県663件、大阪府524件となっている。他方、手術が50件に満たないのは、沖縄県2件、鳥取県11件、奈良県・群馬県各21件、福井県37件となっている。 北海道、宮城県では、道民・県民運動が大々的に繰り広げられ、それが手術件数の拡大した大きな要因となっている。 宮城県では、1962年10月の宮城県議会で、県議からの質問で、手術件数を上げることが提案されている。. 茨城県自治体問題研究所規約の一部を第46回総会において次のとおり改正しましたので 年1月1日から実施いたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。.

See full list on jichiken. 茨城県で小中学校の教員、校長、教育委員会の指導主事として33年間活躍し、現在は自治体や学校でict活用アドバイザーとして手腕を発揮する. 2と推定。同氏は「再生産数が下がらなければ、パンデミック(世界規模の流行)になるおそれがある」と語っている。 中国当局は麻疹(はしか)を例にとり、麻疹の再生産数は12~18だから再生産数は必ずしもウイルス流行の深刻度を測るバロメーターにはならないと主張する。しかし、麻疹はすでにワクチンが普及し治療法も確立している。だが、この新型肺炎ウイルスにはワクチンも特効薬もまだないのである。. (1) 畑井喜四郎 「県立高校統廃合問題と埼玉の高校教育」『地方自治新時代と埼玉県政』 自治体研究社那須正裕 『 学習環境の改善 』 水越敏行、加藤幸次編、国立教育会館、1995. See full list on shop. 3つ目は地域を引っ張る民間のリーダーを育てることです。 長野県小布施町を観光の町として活性化させ立役者は、セーラ・マリ・カミングスさんという米国人女性でした。徳島県上勝町で木の葉を和食の飾りとして販売する葉っぱビジネスを成功させたのは、徳島県徳島市出身の農協職員横石知二さんです。 最終的に事業を動かし、地域に元気を与えるのは地元の人たちにほかなりません。自治体がいくら補助金を積んだところで、補助金が打ち切られればその効果は失われま す。 カミングスさんや横石さんは自ら率先して地方創生に取り組み、自治体が後からついていきました。 自治体主導で地方創生策を進めるのなら、カミングスさんらに代わりうる地域のリーダーを同時に育てなければなりません。 どれだけ立派な施設を自治体が整備しても、地元の人たちが積極的に動かない限り、その計画は失敗します。 世の中を変えるのは「よそ者、若者、変わり者」だといわれます。そういう人物を地域で発見するか、呼び込んで、リーダーに育てることが本当に大切なのです。多くの自治体はこの点を見落としているように感じてなりません。.

自治体 5割以下減少 896自治体 3割以上 498% 15. jp2) 今月の焦点――「循環型社会基本法」 / 竹下登志成 / p93~93 (0047. この数年、毎年のように大規模水害などが連続して発生。その都度数万人~数十万人が指定避難所に避難している。とくに昨年の令和元年台風第19号では東京都だけでも37自治体で176,500人が避難したが、そのうち13自治体で開設された指定避難所が満杯になり、他の避難所に移動させる騒ぎとなった。「『全員避難!』と言われて避難したら、満員だとは何事か」と抗議する住民もいた。 従来は避難勧告が発令され防災無線で早期避難が呼びかけられても、避難しない人が多かったが、このところの防災意識の高まりもあり年々避難率は増加している。今後想定される大規模地震やスーパー台風が襲来すれば各地で避難所の満員は避けられない。 災害は社会活動や人間生活に忖度などせず、時も所も選ばない。現段階で国内の新型肺炎感染者は数十人でしかなく、死者も出ていない。このまま収束してくれればいいが、もし、流行が長引いたその時に、大規模地震やスーパー台風が襲来したら・・・考えるだけでぞっとする。押し寄せた避難者を、避難所に詰め込むことはできるのか。無症状保菌者が一人でもいればそれこそ避難者全員が濃厚接触者になってしまう。詰め込めないとしたら、通気の良い屋外に大型テントの準備など、各自治体は感染症流行時における避難所運営マニュアルの見直しが今 焦眉の急である。. 日本中の多くの地方都市で公共交通を再生する試みがなされている(補助金で路線バスやデマンドバスを運行させている)が,そのほとんどはサービス価値向上という点からみて事実上失敗している.自治体が補助金で公共交通を支えている結果として,地元住民(利用者)を守っているという. 0~学びと自治の力で拓く新時代~」について; 全国・関東地方・中部圏知事会; 長野県産学官協働人財育成円卓会議; 長野県総合教育会議について.

季刊 自治体法務研究 年秋号 特集:スマート自治体への転換と自治体法務のご注文は法令出版社(株)ぎょうせいの通販サイトから。公費・社費にも完全対応!迅速にお届けします。. 0% 地方自治新時代と埼玉県政 - 埼玉自治体問題研究所 316 全体の 1万人未満 17.6% 523自治体 全体の 5万人以上 10万人未満 49.8% 40自治体 5割未満減少 619自治体 34.4% 29.1% 全体の 2.2% 10万人以上 17自治体 全体の 0.9%. 裁判所は、その必要性に鑑み、本件において憲法判断を回避する予定はない」との態度を示すなど、被害回復に向け大きく前進している。隠されてきた被害者が声を上げることで社会を変えられるかがいま、まさに、問われている。 「人権」はやはり与えられるのではなく、自ら勝ち取って行かねばならないし、それをサポートできる社会でなければならない。我々法曹も、20年前に「除斥期間」の壁を超えて、権利救済に立ち上がれなかったことへの反省をこめて一緒に戦っている。.

※総人口の増減率の上位3自治体を青色,下位3自治体を赤色で表示 ※国立社会保障・人口問題研究所の推計による 福岡県では、粕屋町、福岡市、大野城市、須恵町、志免町、新宮町、久山町を除いて年 までに総人口が減少すると推計。. 第1講義 「新年度予算ここが問題―決算から見る新たな課題」星野 泉 明治大学政治経済学部教授 第2講義 「介護保険ここが問題―実態調査に見る高齢者虐待防止と自治体の役割」山田 祐子 日本大学文理学部教授. 4万人 名古屋圏 0. .

新・地方自治のミ・ラ・イ/金井利之 自治体のダウンスケーリング戦略/大杉 覚 「立法分権」の戦略/礒崎初仁 AI・地域・幸福──自治体公共政策の新展開/広井良典+京都大学こころの未来研究センター+日立京大ラボ・北大ラボ. 真偽のほどは定かではないが、年1月25日にSNSに投稿された動画で武漢市の看護師は「武漢にはすでに9万人の感染者がいる」と発言している。このところ中国で発表されるデータに疑問を投げかける専門家もいる。イギリス・ランカスター大学のジョナサン・M・リード先生は「我々は武漢市では感染している人の20人に1人しか実際に診断されていないと考えている」という。香港大学の教授らが数学的確率モデルを用いた研究では、1月25日時点の武漢市の感染者数は推定7万5,815人だった。しかし、この時点で発表された感染者数は数百人規模であった。正しく恐れよといっても、正しい数値が発表されなければ趨勢を占う感染力さえつかめない。 昔の為政者たちは「災害の実態をそのまま伝えれば民衆はパニックに陥り、混乱や二次災害が起きる」と考えていた。しかし、民衆はそれほど愚かではない。「パニックは怖くない、怖いのはパニックを恐れるものが引き起こす情報隠し」であり「ありのまま伝えられればパニックは起きない、真実が隠されたと知った時パニックは起きる」のである。年のSARS流行時の情報隠し批判に懲り、今回は中国も早い段階から武漢市などを封鎖し情報を毎日発信している。それはきちんと評価すべきで「頑張れ中国」とエールを送りたい。一方で発表される数値に中央政府におもねた忖度や不条理なコントロール機能が介在していないことを祈るばかりである。. 1万人 地方圏からの転出超過ピーク (転入超過数万人) 三大都市圏及び地方圏における人口移動(転入超過数)の推移 東京圏 6. この原稿を書いている年2月7日までの1か月、トップニュースは日々更新される中国武漢発の新型コロナウイルス(以下「新型肺炎」)の感染者数と死亡者数。発表された研究では、新型肺炎のウイルスの感染力は季節性インフルエンザよりは強く、年に世界を震撼させたSARS(重症急性呼吸器症候群)よりははるかに弱いとされている。 しかし、1か月以上経ても1人の感染者が何人を感染させているかが判然としていない。これは再生産数と呼ばれるもの。この再生産数が2を超えると感染はさらに拡大し、1を下回れば終息に向かっていることになる。WHOは1月31日時点で再生産数は1. 地方分権時代における自治体の自己決定・自己責任のバックボーンは立法権であり、 自治立法権としての条例制定は極めて重要な政策形成手段と位置付けられている。自治 立法権を活用しなければ、いつまでたっても真の意味での分権時代は到来しないと言っ.

地方自治新時代と埼玉県政 - 埼玉自治体問題研究所

email: ugawe@gmail.com - phone:(559) 934-6425 x 5633

発勁力 - 藤松英一 - デーヴィス 英語生活単語

-> コンサイスワープロ漢字辞典 - 三省堂
-> 新たな英語史研究をめざして - 三輪伸春

地方自治新時代と埼玉県政 - 埼玉自治体問題研究所 - メックウォリアーRPG バブコック


Sitemap 1

シナモンハッピーみずぬりえ - 広告レイアウト